医療法人社団美心会黒沢病院では、19年前から構想を練ってきた医療施設「黒沢病院附属ヘルスパーククリニック」が2009年7月1日開院しました。
国の医療費削減政策が進み、予防医学が重要となる中で、同施設は、一次・二次予防の完全実践を目的に作られました。まずは、人間ドックとクリニックとの連携で病気を早期発見・治療し、必要があれば生活習慣病予防に向けたオーダーメイドの運動メニューや生活メニューを提供するなど、患者一人ひとりの健康をトータルサポートしていきます。
約2万平方メートルの土地に立つ新棟には、1階に外来・専門外来、図書室、2階に疾病予防運動施設と、疾病予防運動施設の会員と人間ドックの利用者が使用できる天然温泉施設、3階に人間ドック、4階は研修室が設けられ、患者・利用者は最先端の医療機器で検査を受けられるだけでなく、シックで落ち着いた雰囲気の中で、快適に時間を過ごすことができるように工夫されています。少し離れた本院には、入院と透析設備が残り、新棟と連携してさらなる充実した医療を目指すとのことです。
30年間地域医療を継続してきた同院にとって集大成とも言える、夢の“健康公園”構想。今後も県の内外から注目されることでしょう。