当法人は、一般市民には、わかりにくい、馴染めないといわれる病院用語を、会員や関係者によるボランティア活動をもとに、「わかっているようでよくわからない病院(医療制度/サービス)用語のボランティア活動による小辞典1」を発行しました。
 病院や診療所の受診のたびに患者に説明されるさまざまな用語は、複雑なうえ頻繁に行われる医療制度や保険制度の改定などにより、現場の医療者でさえ完全に説明しきれないのが現状。かねてから患者と病院のコミュニケーションの重要さが指摘されてきましたが、一つひとつの用語がもつ意味や制度・サービスの知識や認識がないと相互のコミュニケーションが進まず、病気の回復はもちろん医療費の負担にも影響がでてきます。
 今回とりあげた用語は下記のとおりで、現場の医療者から見て理解されていない、あるいは理解してほしいと感じる用語を会員病院からピックアップしました。
 当方人では初版10万部を印刷、9月から同研究センターの会員病院を中心に全国の有力病院を通じて市民や患者に無料で配布するほか、同センターのホームページや会員の広報誌などにも活用する計画です。今後は、市民向け用語解説のほか、地域連携や病院活用情報なども掲載、変わりゆく医療制度、医療サービスの視点から解説し、患者と病院における医療不信の解消に一役買いたいと考えています。


「かかりつけ医」 「紹介状」 「保険外併用療養費」 「急性期」
「回復期リハビリテーション」 「訪問診療」 「医療連携」
「病院機能評価」 「疑義照会」 「地域医療支援病院」 「専門医」



医療機関と患者さんや市民の皆さとの相互理解をいっそう進めるため、よく理解されていないと思われる医療用語解説を小冊子「病院用語小辞典」として作成しています。

この小冊子を作成するにあたって、「医療の現場でよく質問される言葉、用語」を協力施設から出してていただき、それをボランティアが分かりやすく説明する文章にしています。医療のことを良く知っている専門家の目で最終の確認をしてもらい、一つの冊子として作り上げていきます。出来上がった冊子は会員病院さんに設置する予定です。

今後も「分からない」「分かりにくい」言葉を受け付けていきますので、ご協力いただける病院や市民の皆さんは当研究センター会員サポートデスクまで用語をお送りください。


医療サービス用語について、協力いただいた病院(順不同)

済生会滋賀県病院
岡山県済生会総合病院
医療法人ペガサス馬場記念病院
医療法人社団筑波記念会筑波記念病院
医療法人敬和会大分岡病院
茨城県民生活協同組合友愛記念病院